ハウスメーカーと工務店の違いとは?それぞれの特徴や選び方

公開日:2024/02/15 最終更新日:2024/02/22
ハウスメーカーと工務店の違いとは?それぞれの特徴や選び方

注文住宅を建てる際、考えなければならないこととして間取りや設備、価格帯などが挙げられますが、どこに依頼するかも大事なポイントです。ハウスメーカーと工務店の違いを把握して選択することが重要です。ハウスメーカーと工務店の特徴や選び方を理解するとともに、後悔のない選択ができる、判断のポイントを見てみましょう。

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーの企業規模は大きく、安定した技術と在庫をもっているのが特徴です。全国に営業拠点を展開し、インターネットやテレビコマーシャルを放映し、豊富に設置された住宅展示場でモデルハウスを公開することで、多くの顧客にリアルなイメージを提供しています。

また、豊富な資金をもとにして、つねに新技術や商品の開発に取り組んでおり、高い技術力も魅力的です。さらに、最新の設備や性能を安定した価格で提供している傾向があります。自社工場を有しているハウスメーカーも多く、規格化された建築資材を使用するため、品質管理が徹底され、工期も比較的短縮されます。

また、ハウスメーカーの住宅プランは、標準仕様が設定されていることが一般的であり、用意されたプランの中から自分たちに合ったものを選ぶシステムです。標準仕様からカスタマイズしたい場合は、追加費用を支払って実現する手法がよく見られます。

一方で近年ではローコストを売りにするハウスメーカーや、デザイン重視の商品も増加しています。画一的な仕様ばかりではなく、顧客の幅広いニーズに柔軟に対応できるハウスメーカーも増えているのです。

また、ハウスメーカーはその豊富な資金力を武器に、瑕疵保証やアフターサービスに力を入れているのが魅力です。24時間365日の電話サポートに加え、竣工後10年間の瑕疵保証や定期点検制度を提供することで、顧客が安心して暮らせる環境を整えています。

工務店の特徴

工務店は、一般的に小規模な会社が多く、営業拠点が複数ある場合でも、施工エリアは狭い地域に集中している傾向があるのが特徴です。この地域密着性により、地元の風土やニーズに最適な家づくりを実現できるのが強みです。地域に根ざしたサービス提供により、困った際には迅速な対応も期待できます。

ただし、繁忙期や混雑時には待ち時間が生じることも考慮する必要があります。また、経営規模が小さいため、ハウスメーカーよりも倒産のリスクが大きくなることが大きなウイークポイントです。資金力も少ないため、材料費の変動の影響をダイレクトに受けやすいのも特徴的です。そのため、依頼するときは、工務店の経営状態を把握することを忘れてはなりません。

工務店は、広告宣伝費を抑えていることが一般的であるため、企業情報を得る手段はほぼホームページのみであり、アクセスが限られています。よって、情報収集には口コミやインターネットの評価を参考にすることが主流であり、評判や口コミサイトの評価を確認することが重要です。

工務店ならではのメリットもあります。工務店は、建築プランが自由なことが一般的であり、間取りや外観デザイン、使用する資材や設備・性能などを望むままに選択できます。この柔軟性は、家づくりに強いこだわりがある人や、特殊な要望をもつ人にとって魅力的です。ただし、施工の精度や工期は担当する職人の技術力に左右されるため、技術力を見抜く目が求められます。

ハウスメーカーと工務店で悩んだ時の決めるポイント

ハウスメーカーと工務店、どちらを選ぶか悩んだ際に考慮すべきポイントがあります。ハウスメーカーと工務店の選択は、個々のニーズや希望によりますが、大きく分けて安定感とブランド力を求めるならハウスメーカー、こだわりを大切にするなら工務店が適しているといえます。

ハウスメーカーが向いている人

企業規模が大きく、安心感やブランド力を重視する人に向いています。大手企業が展開するハウスメーカーは、自社工場で規格化された建築資材を生産するため、品質の安定性は抜群です。また、仕様の選択肢が少ないことにより、判断することが少なくなるため、初めて注文住宅を考える方にとっては逆にプラスにはたらくケースもあります。さらに、ハウスメーカーはアフターサービスもしっかりと整備されており、入居後の安心感が期待できます。

工務店に向いている人

工務店は、こだわりの家をゼロから作りたい方に向いています。住宅プランや仕様に制限がほとんどなく、ユーザーの希望を柔軟に受け入れて形にしてくれます。家に強いこだわりがある方や、十分な知識をもつ方にとっては理想的な選択肢です。こだわりを重ねるごとに工期が長くなる傾向がありますが、自由設計を好み、すぐに住む必要がない方にとっては工務店が適しています。

まとめ

ハウスメーカーは安定感やブランド力を求める方に適しており、一方、工務店は柔軟なプランニングやこだわりの家づくりを望む方に向いています。注文住宅の建設にあたって、ハウスメーカーと工務店はそれぞれ異なる特徴をもっているため、自身のニーズや希望に合わせて、適切な選択を行うことが大切です。

それでも迷ったときは、家づくりに関するプロの意見を取り入れることが重要です。広い視野で判断できるため、要望を整理するのに役立つでしょう。住宅は一生に一度の買い物です。適切に選択し、理想の住宅を建設しましょう。

ハウスメーカーと工務店のいいとこどりをするなら…

アイ工務店は、全国に展開するハウスメーカーです。そのため地域密着型の工務店に比べて倒産のリスクも少なく、高性能な住宅を安定した価格で提供することが可能となっています。

設計やデザインの自由度が低いハウスメーカーも多いですが、アイ工務店は「1mm単位の自由設計」が特徴です。家族の理想を1mm単位でカタチにする柔軟な自由設計が可能なので、地域密着型の工務店に劣らないデザイン性の高い住まいづくりができます。

久留米市でおすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
引用元:https://www.ai-koumuten.co.jp/

引用元:https://www.ichijo.co.jp/

引用元:https://yamadahomes.jp/

引用元:https://tohohome.jp/

引用元:https://www.hinokiya.jp/

引用元:https://www.yuyuhome.co.jp/

引用元:https://www.heim-k.com/
会社名アイ工務店一条工務店ヤマダホームズ東宝ホーム桧家住宅悠悠ホームセキスイハイム
特徴オリジナルダブル断熱工法トリプルサッシを採用!全棟気密測定を実施!地震に強い家づくりを心掛けている!性能を特に追求!70年以上の歴史の中で磨かれてきたデザイン力を誇る!圧倒的な提案力も自慢!断熱・省エネ・快適、構造・耐震・制震、健康・安心・保証といった点が優れている!全館空調のシェアがとても高い!Wバリア工法によりオールシーズン快適!これまでに4,500棟以上の実績がある!家族の健康を第一に考えている!一歩先にある未来の家づくりを行っている!独自のユニットテクノロジーを持つ!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

PR「性能・価格・デザイン・保証」に妥協しない!本当に後悔しない注文住宅