注文住宅を建てる流れや期間の目安を徹底解説!

公開日:2024/02/15 最終更新日:2024/02/26
注文住宅を建てる流れや期間の目安を徹底解説!

今回は、注文住宅を建てる流れや期間の目安を徹底解説します。理想の住まいを建てる際に、注文住宅を利用される方も多いでしょう。ただ、注文住宅で家づくりをおこなう場合、事前にどのくらいの期間を要するか知っておく必要があります。本記事では、注文住宅を建てる流れや期間の目安を紹介します。

注文住宅を建てるまでのステップ

注文住宅で家を建てたいと考えていても、漠然とした気持ちで動かないでいれば、いつまでも家が建つことはありません。注文住宅で家を建てるまでのステップについて紹介します。

予算検討とイメージづくり

まずは、自分が理想とする家づくりをイメージしましょう。イメージしてみて、注文住宅に掛かる費用と住宅ローンでいくらくらい借りられるか検討します。おおまかに、注文住宅には本体工事費・その他の工事費・諸費用が掛かります。工務店を決める前に、展示場やモデルハウスへ出向き、資料を集めるとイメージがわきやすいでしょう。気になる工務店が見つかった場合は、見積もりとシミュレーションをしてみることをおすすめします。

工事請負契約・プランの決定

工務店にて、工事請負契約を結んだらプランの詳細を決定し、細かい内容を打ち合わせしていきます。プラン決定には、地盤調査や住宅ローンの仮審査を申し込む手続きが必要となります。建築確認が下りたら住宅ローンの本審査を受けて金融機関と契約を結ぶ流れが一般的です。

工事請負・着工

注文住宅を依頼する工務店が決まったら、工事請負契約を結びます。契約変更が発生しないか、契約内容をしっかり確認しましょう。次に、いよいよプランをもとに着工となります。着工前には、地鎮祭や上棟式をおこなう方も多く見られます。

着工後は、どのくらい工事が進んでいるか見学することも可能です。家が完成したら引き渡しとなり、アフターサービスや家の内容に関する説明を受ける流れとなります。

注文住宅を建てるまでの期間の目安

注文住宅は、竣工・引き渡しまでに9か月~1年程度掛かることが一般的です。注文住宅を建てるまでの期間の目安について紹介します。

イメージづくりと工務店選び・見積もりプランに2~3か月

注文住宅で家づくりをおこなうと決めたら、まずはイメージづくりをおこないそれに合う工務店探しが始まります。工務店選びでは、1社だけではなく何社かに見積もりを依頼すると比較できて良いでしょう。ここまでに、おおよそ2~3か月程度の月日を要します。

工事請負契約・プラン決定に3~4か月

理想の家づくりをしてくれる工務店が決まったら、工事請負契約をおこないます。プランの決定には、細かい打ち合わせが必要となりこだわりがある方は、時間を要するでしょう。一般的に、工事請負契約・プラン決定に3~4か月程度の時間を要します。もし、建築確認後に再申請をおこなう場合、追加費用が掛かる場合があるため注意しましょう。

着工・竣工引き渡しに4~6か月

契約をおこないプランを決定したら、着工となります。着工から引き渡しまでは、一般的に4~6か月程度掛かかるため注文住宅で家づくりをおこなう中で一番期間を要するでしょう。また、引き渡しには、施主が実際に立ち会って傷や不具合がないか確かめてチェックをおこないます。もし気になる箇所があれば修正した上で、引き渡しをすることが可能です。

注文住宅にかかる費用

一般的に、注文住宅には本体工事費・その他の工事費・諸費用が掛かります。注文住宅に掛かる費用について紹介します。

本体工事費

本体工事費は、注文住宅の大部分を占める費用となります。一般的に、建築費と呼ばれるもので、本体工事費は1,500万円~3,500万円掛かる場合がほとんどです。主な内容は、仮設、基礎、構造体、屋根、内装、仕上げ、設備などがあげられます。

その他の工事費

その他の工事費は、別名付帯工事費と呼ばれており建築以外に掛かる費用を指します。例えば、外構工事費と呼ばれる駐車場の舗装や、庭などです。本体工事をおこなう工務店とは別の企業でおこなうことも可能ですが、同じ工務店でおこなったほうがスムーズに抵コストで工事できるでしょう。他にも、地盤改良工事や解体工事費がその他の工事費に入ります。

諸費用

諸費用は、設計費用をのぞく100万円~150万円が一般的です。工務店によっては、最初に提示される見積もり概算書に諸費用が含まれないこともあるため、注意が必要です。諸費用には、印紙税や登録免許税などの税金や、登記費用・建築確認申請費用が含まれます。また、火災保険料や家具・住宅ローン手数料や保証料も含まれるため、事前にしっかり確認しておくと安心です。

まとめ

本記事では、注文住宅を建てる流れや期間の目安を紹介しました。注文住宅が完成するまでは多くの期間を要するため、こだわりがある方は早めにプランを決めておくと良いでしょう。

また、子どもが通う学校の近くに注文住宅を建てる場合は、入学までに建築を進めるなどライフプランに沿った建築をすることをおすすめします。もし、漠然と注文住宅を建てたいと考えている方は、モデルハウスや展示場を訪れてみましょう。本記事が、注文住宅で家づくりを検討されている方の参考になれば幸いです。

注文住宅づくりで失敗しないためには…

注文住宅づくりで失敗しないためには、ハウスメーカー選びが重要です。性能・価格・デザイン・保証のバランスを追求した「適質価格」の家づくりをしているアイ工務店であれば、後悔のない家づくりができます。

アイ工務店が得意とするのは、家族の思いをカタチにする「1mm単位の自由設計」です。限られた予算や敷地で理想の家づくりをしたいという方は、ぜひアイ工務店に相談してみるとよいでしょう。

久留米市でおすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
引用元:https://www.ai-koumuten.co.jp/

引用元:https://www.ichijo.co.jp/

引用元:https://yamadahomes.jp/

引用元:https://tohohome.jp/

引用元:https://www.hinokiya.jp/

引用元:https://www.yuyuhome.co.jp/

引用元:https://www.heim-k.com/
会社名アイ工務店一条工務店ヤマダホームズ東宝ホーム桧家住宅悠悠ホームセキスイハイム
特徴オリジナルダブル断熱工法トリプルサッシを採用!全棟気密測定を実施!地震に強い家づくりを心掛けている!性能を特に追求!70年以上の歴史の中で磨かれてきたデザイン力を誇る!圧倒的な提案力も自慢!断熱・省エネ・快適、構造・耐震・制震、健康・安心・保証といった点が優れている!全館空調のシェアがとても高い!Wバリア工法によりオールシーズン快適!これまでに4,500棟以上の実績がある!家族の健康を第一に考えている!一歩先にある未来の家づくりを行っている!独自のユニットテクノロジーを持つ!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

PR「性能・価格・デザイン・保証」に妥協しない!本当に後悔しない注文住宅